2018年02月22日

『政府自民プロジェクトチームの入場料2000円は低すぎと公明から異論』

当サイトにて2月21日付記事『カジノ法案に追加の案件、「カジノ入場料を一律2000円』で紹介しましたが、22日のカジノ含む統合型IRリゾートプロジェクトチーム部会では、公明党より異論が出た模様です。
そもそも、政府自民は、シンガポールの入場料を参考にしているが、1日100シンガポール(約8100円)であることに対して、公明プロジェクトチームは、ギャンブル依存症対策を考慮すると1日2000円はハードルが低すぎるのではないかとの異論が持ち上がったのです。
カジノへの入場料が2000円だとその低料金の低さに入場者が多くなり、それに伴い、ギャンブルにのめり込む人が増えるのではとの見方と思われます。
ただ、入場料の多寡云々ではなく、実際のカジノゲームで賭ける金額の上限制限の方が重要かと思うのですが、これからプロジェクトチームにより検討されことでしょう。
更に、カジノ事情者への納付金制度も提示され、徴収割合を一定の30%とにするか、もしくは、カジノ収入に対する段階的な累進型の徴収も議論されました。

wallpaper-playing-cards-03.jpg



『カジノ入場料、政府「2千円」提案 公明は「低すぎ」』


カジノの規制基準を定める実施法案をめぐり、政府は21日、日本人を対象としたカジノ施設の入場料を1人2千円とする案をまとめ、与党に示した。
公明党のプロジェクトチーム(PT)では、ギャンブル依存症対策を念頭に「低すぎる」との異論が噴出した。


 2千円の入場料は日本人と在留外国人が対象で、訪日外国人は無料。米ラスベガスなどでは無料だが、政府が参考にするシンガポールは1日100シンガポールドル(約8100円)を徴収している。


 公明党PTでは「シンガポールよりも低いのはどうなのか」など厳しい指摘が相次いだ。
自民党PTでは入場料の不要論から引き上げ論まで意見に幅があり、与党内の調整は難航する可能性もある。


 この日は、カジノ事業者に義務づける納付金の制度も提示された。
カジノを監督するカジノ管理委員会の運営費をまかなう定額部分のほか、カジノのゲーム事業でもうけた収入の一定割合を徴収する比例部分を設定。
徴収割合を一律30%とする案と、収入が1500億円以下なら30%、そこから3千億円以下まで40%、3千億円超は50%とする累進型の案も検討する。


 納付金は国と都道府県で折半し、地域経済の振興などに使う、と定める方針だ。
刑法の賭博罪にあたるカジノを例外扱いとするためには「公益性」がポイントとなるため、納付金をどの程度徴収するかも大きな論点となる。(南日慶子)



dmenuニュース2018年0月22日朝日新聞記事よりhttp://topics.smt.docomo.ne.jp/topnews/politics/82/f0262e4415c5a77116ec9f59ca770791
posted by カジニュースマン at 11:49| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]