2016年12月22日

『遂に競馬・パチンコなどによるギャンブル依存症対策へ乗り出す』

これまで、明確にしてこなかったギャンブル依存症対策が、『カジノを含む統合型リゾート整備推進法案』の成立により、確実に対策へ動き出しました。
この機会に、徹底したギャンブル依存症の根を断ち切って欲しいし、娯楽と位置付けているパチンコ三店方式のギャンブルと不正な出玉管理を第三者管理機関を設立してライセンス方式を採用するか、もしくは、パチンコ店を廃止する方向もありか?
海外のカジノを体験している方々が出展する著書を読むと、全国の駅周辺の繁華街に必ず存在するパチンコ店に違和感を覚える。


『ギャンブル依存症対策の閣僚会議、競馬・パチンコも対象』


カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備を政府に促す「カジノ解禁法」が成立したことを受けて、政府は22日、ギャンブル依存症対策の関係閣僚会議を26日に開くことを決めた。競馬やパチンコなど既存のギャンブル依存も含めて対応する。政府は遅くとも2018年の通常国会に提出予定の実施法案に、ギャンブル依存症対策を反映させることをめざす。

 22日の閣議で了解された。会議は菅義偉官房長官が主催する。IRを管轄する石井啓一国土交通相、依存症対策を担う塩崎恭久厚生労働相のほか、各種公営ギャンブルなどを管轄する山本有二農林水産相や世耕弘成経済産業相、松本純国家公安委員長、高市早苗総務相らで構成する。

 菅氏は22日の記者会見で「IRだけでなく、現在あるパチンコや競馬などに包括的に対応していきたい」と述べた。

 同法には政府が講じるべき措置としてギャンブル依存症対策が明記された。13年の厚労省の調査では、推計で536万人が依存症の疑いがあるとされている。菅氏は、IR推進に関する態勢を年明けに内閣官房に整備する方向で調整していると明らかにした。

朝日新聞デジタル2016年12月22日記事よりURL:http://www.asahi.com/articles/ASJDQ3G41JDQULFA00B.html?iref=comtop_8_07
【関連する記事】
posted by カジニュースマン at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック