2017年05月16日

『赤裸々に語るギャンブル依存症から脱出できた真実』

前編の【依存〜断てないギャンブル(1)】に続く、ギャンブル依存症にトコトン落ちたある青年が辿った依存症の道。
日常生活でのストレスがやがてその吐け口をパチンコへ求める自分を赤裸々に語った記事が【依存〜断てないギャンブル(2)】で掲載されました。
当事者でなければ語れないギャンブル依存の正体!
ギャンブルにのめり込む自分が弱いのか?
気軽に入ることのできるパチンコ店があるからなのか?
参考にしたいものです。

20170516west.jpg



【依存〜断てないギャンブル(2)】『「一番箱積んでいる」スロットで劣等感埋める 医師警告「刑務所行くか自殺する」』


なぜ、ギャンブルにのめり込んだのか。
その理由を依存症になり、その後、回復した人たちはいまなお自らに問い続けている。

「教材費必要」「参考書買う」…親につくウソ

 依存症となり、盗みを働くまでに至った三宅隆之(42)=奈良県在住=はいま、原因をこう説明する。

 「劣等感を抱えていたからだ」

 三宅は地方で生まれ育ち、高校卒業後は華やかな都会にあこがれ、東京の名門私大への進学を夢見た。
だが厳格な両親は、1浪しての受験を許さず、三宅は地方の国立大に進んだ。

 「なぜ、こんなところにいるのか」。
そんなジレンマを抱え、学生生活を送っていたとき、先輩から教わったのがパチンコだった。

 「自分が一番多く当たりを出し、箱を積んでいる」。
日頃の劣等感を癒やしてくれる気がし、のめり込んだ。
十分な仕送りをもらっていたが、お金は続かなかった。
「教材費が必要だ」「参考書を買う」。
最初は親に嘘を言って現金を振り込んでもらった。

 頻繁にせがむわけにはいかず、アルバイトを始めた。
高額な賃金を求め、深夜のバイトもしたが、勤務が終わった朝から大学に行かず、そのまま開店前のパチンコ店の列に並んだ。

 最後には、駅前のビルの消費者金融に足を踏み入れた。
4年で大学を卒業したが、その頃には借金は数十万円に膨らんでいた。

「まだやる仕事があるだろう」 上司の詰問からも逃げた

 卒業後に就職した地方の放送局でもうまくはいかなかった。
自分は誰よりもテレビやラジオに触れてきた自負はあったが、本当は何もできない「新人」だった。自負は態度に表れ、周囲と衝突を繰り返し、すぐに浮いた存在になった。

 結局、すがったのはギャンブルだった。
定時の午後6時になると、残業する先輩らを横目に逃げるように会社を後にし、パチンコ店へ。
上司が追いかけてきて「まだやる仕事があるだろ」と詰問されたこともあったが、それでも逃げた。

 勤務時間にも会社を抜けて入り浸り、借金はさらに増えた。当時は金利が30%後半の会社もあったが、返してはすぐ借りた。
最後は返済能力を超え、親に泣きついた。

 正月、実家に帰り、打ち明けると、父は銀行から300万円超をおろし、一軒一軒に返済してくれた。
「申し訳なさでいっぱいだった。二度とギャンブルには手を出さない」。
そう誓ったが、自分の性格や社内で置かれた状況と向き合ったわけではなかった。
すぐにパチンコにのめり込む生活に逆戻りし、2年後には再び借金で首が回らない状態になった。

再び会社のカネに手を出す

 会社には督促の電話が頻繁にかかってきた。
「破産するなら退職だぞ」。
放送局は、消費者金融がスポンサーに名を連ねていたため上司からそう諭された。
再び親にすがり、そのときもすり抜けたが、最後は会社の制作費を使い込み退職に追い込まれた。

周囲から手を差し伸べられ、ギャンブル依存症と真剣に向き合うチャンスはあった。当時、上司から「変だよ」と言われてメンタルクリニックを両親と受診したとき、医師からこう言われた。

 「何で(親が借金を)肩代わりするんですか。この人はギャンブル依存症です。このままだと刑務所に行くか自殺するかですよ」

それでも、すがるものはギャンブル

 一度得た快楽を手放したくないという思いと、ギャンブルにすがらないと一人で生きていけない苦しさ。医師の言葉は、ギャンブル依存症が当事者一人の力だけでは克服できないことを示唆していた。
ただ、三宅はこのとき、ドキッとしたが、医師の言葉を実感することはできなかった。(敬称略)

産経WEST2017年5月16日記事より URL:http://www.sankei.com/west/news/170516/wst1705160002-n3.html
posted by カジニュースマン at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『パチンコでギャンブル依存症の深い闇』

この世の中に、賭け事がある限りギャンブル依存症の根絶が難しいとされているが、諸外国でも、ギャンブル依存症撲滅に国を挙げて対策を講じている。
その中でも、カジノを含む統合リゾート施設を2010年に開業したシンガポールは、開業当初のギャンブル依存症の割合が2.6%であった。
同政府の、ギャンブル依存症対策により4年後には、0.7%まで減少に成功している。
しかし、これは、カジノの例であり、日本には、戦後の混乱期の庶民唯一の娯楽として広まったパチンコがある。
このパチンコは、あくまで娯楽として位置付けていたが、その中身は、出玉と景品交換というスタイルで、ある景品を店外に設けられて景品交換所で換金が平然と行われてきた。
このスタイルがギャンブルそのものであり、到底娯楽とは言い難いものがある。
パチンコで勝つと獲得した勝ち金の自慢話を時折耳にすることがあった。
しかし、負けた時のことの話は余り聞かない。
このギャンブルにのめり込み、仕舞には、生活費にも手を付け、それでも足りなくなるとサラ金へと走る。
そして、多額の借金返済に困り誰にも相談すること無く裏山で自殺、これは筆者の身内の事でもあり、未だに終わりの無い闇が延々と続いている。

2017年5月15日付産経WESTの記事にギャンブル依存症化から立ち直ったある社会人男性のことが【依存〜断てないギャンブル(1)〜(2)】のタイトルで掲載されました。

20170515west.jpg




【依存〜断てないギャンブル(1)】『会社の金券横領、借金漬け…警察聴取後もパチンコ店へ 一線を越えた「やめられない」』



依存症は、家庭や仕事を顧みず、何かに没頭する症状だ。
ただ趣味との境が難しい上に、依存症患者の把握や支援の手は行き届いていない。
自民党は統合型リゾート施設(IR)の整備を念頭に、5月にも依存症対策強化に関する基本法案を議員立法で国会提出する方針だ。
人の心に巣くう依存という暗闇。
ギャンブル依存症を取り巻く実態を追う。

「3千円ならやめられる」

 心の隅では、パチンコが破滅を生んでいると気がついていた。
十数年前、三宅隆之(42)=奈良県在住=はギャンブルにはまり、借金を抱えて周囲に迷惑をかけた後、上京して人生をやり直そうとした。

 自分なりの工夫もした。
パチンコ店に近寄ることを避け、手持ち無沙汰(ぶさた)を解消しようと、お笑いや歌手のライブに足を向けた。
居心地の良い自宅にしようとインテリアにも凝った。
だが、どれも長くは続かなかった。

 再びギャンブルに手を出した当時の状況は今も鮮明に記憶している。

 放送局での勤務を終え、最寄り駅で降りた。
いつもは遠回りしてパチンコ店を避けていたが、その日はなぜか早く帰りたくなった。
店の前を通ると、扉が開いていて、初めて目にする台が見えた。
「3千円ならやめられる」。
根拠はないが、そう思った。
その日は確かにやめられたが、次の日は「当たるまでやろう」と気持ちが変化していた。

 瞬く間に借金生活に戻り、10日で利息が5割のヤミ金にも手を出した。
「駅前のヤミ金に足を踏み入れるとき、足が震えたのを覚えている」

推計536万人 各国より高い依存率

 厚生労働省の平成26年の調査では、ギャンブル依存の疑いがあるのは、全国で推計536万人。
全成人の4.8%を占める。政府が3月に発表した調査でも、生涯で依存症の時期があったと疑われるのは2.7%に上る。時期や対象が異なり単純比較できないが、米国(1.4%)や英国(0.8%)、韓国(0.8%)と比べると著しく高い。

 数字を押し上げているのは、初心者でも簡単に遊べる「パチンコ」の存在があるとされる。厚労省の調査でも、ギャンブル依存の約8割がパチンコやスロットだった。

 一方、2010(平成22)年にカジノを中心とした統合型リゾート施設(IR)が開業したシンガポールでは、ギャンブル依存症と推定されるのは08年が2.9%、11年が2.6%で、14年は0.7%と減少傾向にある。
IR新設にあたり、同国政府が依存症の実態把握やカウンセリング強化といった対策にかじを切ったことが背景にあるとされる。

 日本も昨年12月のIR整備推進法成立を機に、今年度予算に5億円を計上し、治療環境の整備を講じる方針だ。ただし具体的な対策は明らかではなく、行き先は見えない。

「ちくしょう、ちくしょう」 叩き続けるスロット

 再びギャンブルにはまった三宅には、破滅しかなかった。毎日が返済日。
せっかく凝ったインテリアは売り払った。
電気やガスは止められ、ろうそくの火を頼りに夕食をほおばった。

 それでも不思議と会社に固執した。
体裁ばかりを気にし、ついには一線を越えた。
放送局はプレゼント用に図書カードや音楽ギフト券などの金券を抱えていたが、手当たり次第に持ち出し換金した。

 両隣のデスクに座る同僚らのカバンの財布から1万円を抜く。
「また、なくなってる」。
庶務の女性の悲鳴も聞こえたが、毎日をやり過ごすのに必死だった。

 会社は被害届を提出。
社員らの指紋が採取され、ようやく上司に謝罪した。
向かった警察署で刑事から諭された。
「まだ若いじゃないか。いくらでもやり直せるよ」。
涙があふれた。

 警察での任意聴取を終えた帰り道、三宅が足を向けたのは、パチンコ店だった。
「ちくしょう。ちくしょう」。
やめられないスロットの台をたたきながら泣いていた。(敬称略)


【■依存症 異常にのめり込み、衝動を抑えられなくなる症状。
依存症に陥る心の根底には家庭や仕事上のストレスによる不安、不満などがあるといわれ、人間関係の破綻(はたん)などを引き起こすこともある。
治療は心理療法が中心だが、自覚症状もなく、趣味や趣向との線引きなども難しいとされる。】

産経WEST2017年5月15日記事より URL:http://www.sankei.com/west/news/170515/wst1705150002-n1.html
posted by カジニュースマン at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

『和歌山県がマリーナシティをIR誘致候補地に一本化』

和歌山県の和歌山湾にある人工島の「和歌山マリーナシティ」へカジノを含む統合型リゾート施設誘致の候補地に統一したようです。
因みにこの、和歌山マリーナシティは、20種類以上のアトラクションが楽しめる「ポルトヨーロッパ」、マグロのテーマパークとしての「黒潮市場」、家族で海釣り気軽に楽しめる「海釣り公園」、目の前に海の絶景が眺望できる「天然紀州黒潮温泉」、日本の夕陽100選に入るデザインが異なる99の客室の海辺のリゾートホテル「マリンシティホテル」その他多数の施設があります。

カジノを含む統合リゾート地に持ってこいの立地条件!

wakayama-marinaーcity01a.jpg
写真提供:和歌山マリーナシティホームページ


『IR誘致の候補地をマリーナシティに 和歌山県が一本化、関空からのアクセス重視』


カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を掲げる和歌山県の仁坂吉伸知事は9日の定例会見で、誘致の候補地を和歌山市南部の人工島「和歌山マリーナシティ」に一本化すると表明した。関西国際空港からの交通アクセスの良さが決め手になったという。

 マリーナシティは平成6年に開催された世界リゾート博の会場で、現在は欧州の風景を模したテーマパークなどが設置されている。

 県はこれまで、候補地にマリーナシティのほか、関空建設時の土砂採取場跡地「コスモパーク加太(かだ)」や同県白浜町も検討してきた。しかし、海外のIR事業者と折衝する中で、マリーナシティを評価する声が高かったため、今後はマリーナシティに絞って誘致活動を推進することを決めた。

 仁坂知事は「マリーナシティは関空に近い、有数のリゾートだということをアピールしたい」と話した。


産経WEST2017.5.9 10:46記事より http://www.sankei.com/west/news/170509/wst1705090029-n1.html


posted by カジニュースマン at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『富山市のカジノ店で客にバカラ賭博させた容疑で9名が逮捕』

2017年5月11日の産経WESTの記事の富山県富山市のある繁華街のバカラ店で客にバカラ賭博をさせた容疑で同店長と店員3名が逮捕となった。

baccarat-table20170511.jpg(バカラ台のイメージ)

このようなケースの摘発が度々起こっていますが、日本では、賭博行為を禁止する法律があります。
店の運営者は、賭博を禁止する法律を知っていて、客にお金を賭けさせて賭博行為をさせたものでしょう。
法律を破っても賭博を行う最大の目的は、検挙した理由のひとつに警察は、暴力団への資金提供を疑ってのことらしい。
いったい、賭博を禁止する法律ってどんなものか、次に掲載してみました。

日本の賭博行為を禁止する法律

「第百八十五条 賭博したものは、五十万円以下の罰金または科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りではない。」
(常習賭博及び賭博場開帳図利)

第百八十六条 常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。
2 賭博所を開帳し、または博徒を結合して利益を図った者は、三月以下五年以下の懲役に処する。

第百八十七条 富くじを発売した者は、二年以下の懲役または、百五十万円以下の罰金に処する。
2 富くじの取り次ぎをした者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
3 前二項に規定するもののほか、富くじを授受した者は、二十万円以下の罰金又は科料に処する

カジノ店とかに出入りするお客さんはもとより、多くの方々に知っておいてもらいたい賭博行為を禁止する法律!

オンラインカジノでライブカジノをしたプレイヤーが3名逮捕された例が2016年3月10日報道されました。
しかし、2017年1月に不起訴になりました。
参考サイト:賭博罪改正を願う弁護士さんのブログ「不起訴の勝ち取り-オンライカジノプレイヤーの件」



『「バカラ賭博」9人逮捕、カジノ店摘発…情報提供で内偵捜査 富山』


富山県警は11日、繁華街のビルで客にバカラ賭博をさせたとして、賭博開帳図利の疑いでカジノ店店長、萩原貴之容疑者(45)=富山市中川原=と店員3人を現行犯逮捕した。客5人も賭博容疑で現行犯逮捕した。

 県警によると、店側4人のうちの1人と客1人が容疑を一部否認している。

 萩原容疑者ら4人の逮捕容疑は、5月10日午後11時50分ごろ、富山市総曲輪の複合ビルのカジノ店で、客に現金を賭けたバカラをさせたとしている。客5人はバカラ賭博をした容疑。

 県警に情報提供があり、内偵捜査を進めていた。県警はバカラ台やトランプ、現金などを店から押収。暴力団に資金が流れた可能性もあるとみて調べる。



安心して遊べるバカラゲームはエンパイアカジノで!
empire-top.png
posted by カジニュースマン at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする