2017年01月13日

『2016年3月10日オンラインカジノで国内初の検挙が不起訴確定』

2016年3月10日、京都府警による日本初のオンラインカジノプレイヤー3名の摘発にオンラインカジノ関係者はもとより、利用するプレイヤーに激震が走った件が、2017年1月、裁判での不起訴が確定したとの朗報がありました。
この件の弁護を担当した、賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏氏のブログに「不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件」のタイトルで掲載された。
オンラインカジノでお金を賭けたプレイヤー3名のうち2名は、賭博罪の容疑を認め、略式起訴を選択し、50万円以下の罰金刑が確定した。
しかし、1名は、賭博をしたのは認めるが賭博法に則らない摘発に納得できず、略式起訴をせずに裁判を選択をしたもの。
今回の件の争点は、オンラインカジノは、海外にて合法的なライセンスを取得して運営しているにも拘わらず、胴元(運営者)を賭博罪で有罪に出来ないことが分かりながら、プレイヤーだけを処罰するにはあまりにも不当であるということ。
また、弁護士のブログには、警察の「賭博事犯の捜査実務」なるものに、賭博犯の捜査は胴元(運営者)の検挙が目的と明記されていたことが確認された。
更に、同実務書には、,些細な賭け麻雀を安易に検挙すべきでない旨の記載もあるとのこと、胴元のいない賭博を安直に検挙することをいさめる趣旨のようだと担当弁護士の解釈。
海外ライセンスを取得して運営するオンライカジノでリアルマネープレイヤーの不起訴確定を勝ち取ったことで、オンラインカジノのグレーイメージが大きく進展したと思う。
そもそも、オンラインカジノでは、日本市場へ参入前に、日本の法律などの綿密な確認を行っており、現賭博法に抵触しないということで運営を開始している。

カジノゲームの遊び方と優良オンラインカジノの情報は
こちらで!
onlinecasino-bana06.png
posted by カジニュースマン at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする